企業|企業速報 証券市場新聞

稲葉製作所(3421)が5日続伸。前週末引け後、今16年7月期業績予想を上方修正したことが好感されている。
通期の連結業績について、従来予想の売上高307億円を312億5000万円(前期比5.1%増)、営業利益14億2000万円を16億円(同16.4%増)へ。消費税引き上げに伴う駆け込み需要の反動が一巡、鋼製物置が持ち直し、オフィス家具の需要が拡大。増収効果に加え、原材料安も利益を押上げる。

証券市場新聞

Pocket