ニトリホールディングス<9843>が急落。27日の取引終了後、18年2月期第2四半期累計(2月21日~8月20日)の連結決算を発表、売上高で2839億4700万円(前年同期比11.5%増)、営業利益で481億4200万円(同2.1%減)、純利益で350億3300万円(同6.7%増)と減益となったことを嫌気した。30店舗を出店したため人件費や賃借料及び新規出店にかかるコストが増加したほか、既存店の計画改装の推進により展示什器費等が増加している。
通期は売上高5680億円(前期比10.7%増)、営業利益990億円(同15.4%増)、純利益685億円(同14.2%増)と従来見通しを据え置いた。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket