企業|企業速報 証券市場新聞

ジーンテクノサイエンス<4584> は後場急伸。この日昼休み時間中、中国でのバイオシミラー事業化について、長春長生生物科技有限責任公司に原薬製造技術の移管を完了、共同事業化に向け本格稼働したと発表したことが買い手掛かりになった。共同事業の対象となるヒト型抗ヒト TNFαモノクローナル抗体「ヒュミラ(一般名:アダリムマブ)」は、関節リウマチなどの治療薬として世界最大の市場(16年世界売上高は約1兆7000億円)を持つブロックバスターで、先行品との同等性・同質性に関する良好なデータを得ている。同社は一定のマイルストンと今後の開発に応じたマイルストンペイメントと上市後のロイヤリティを受け取る。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket