企業|企業速報 証券市場新聞

京阪ホールディングス<9045>が続伸。28日の取引終了後、18年3月期の第2四半期累計(4~9月)連結業績予想を営業収益で1380億円から1430億円(前年同期比1.3%増)へ、営業利益で130億円から152億円(同12.2%減)へ、純利益で100億円から122億円(同1.3%増)へ上方修正した。不動産業においてマンション販売戸数が当初の想定を上回る見込みであるほか、ゼロ・コーポレーションの株式を取得し連結子会社化したこと、運輸業が定期旅客数やインバウンド需要等による京都方面観光客数の増加を受け堅調に推移していることが寄与している。

 

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket