企業|企業速報 証券市場新聞

オンコリスバイオファーマ(4588)が続騰。7日取引終了後、がんの体外検査薬として開発を進めているOBP-1101(テロメスキャンF35)が、ニュージーランドで特許登録を受けたと発表したことを受け、買い気が盛り上がった。
同社はテロメスキャンF35をカバーする複数の特許を既に保有しているが、今回の特許登録によりニュージーランドにおけるテロメスキャンF35の特許保護期間が、最長で2032年2月まで延長される。

証券市場新聞

Pocket