企業|企業速報 証券市場新聞

サンリオ<8136>が急反落、約半年ぶりに年初来安値を更新した。10日取引終了後、18年3月期の業績予想を下方修正したことを嫌気した売りがかさんだ。通期の連結業績について、売上高を657億円から603億円(前期比3.8%減)、営業利益を108億円から63億円(同8.7%減)へ。国内事業の低迷に加え、北米の有力ライセンシ-事業も縮小、欧米の底打ちが来期に持ち越しとなる。収益予想減額に伴い、期末配当を40円から15円に引き下げ、年間配当を80円から55円(前期80円)に減配する。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket