企業|企業速報 証券市場新聞

サンバイオ(4592)が急反発。きょう午前9時、大日本住友製薬(4506)と共同開発中の慢性期脳梗塞治療剤「SB623」について、安全性と有効性を検討するフェーズ2b臨床試験で被験者への投与を開始したと発表した。
同剤は健常人から採取した骨髄液を加工・培養して作製された他家由来の間葉系幹細胞で、損傷した神経細胞の再生を促す効果が望めるという。現在、塞発症後数か月から数年を経過した脳梗塞による後遺症の治療法はなく、実用化へ向けた開発の進展を期待した買いが先行した。

証券市場新聞

Pocket