日ダイナミクがカイ気配、利益率大幅改善で18年3月期利益予想を上方修正

企業|企業速報 証券市場新聞

日本コンピュータ・ダイナミクス<4783>がカイ気配。27日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想を売上高は160億円(前期比3.9%増)で据え置いたが、営業利益を6億円から7億8000万円(同2.2倍)へ、純利益を3億7000万円から5億1000万円(同2倍)へ上方修正した。パーキングシステム事業において、大型案件の受注や駐輪場利用料収入が引き続き堅調に推移、先行投資費用の回収が順調に進んでおり、利益率が大幅に改善されることが要因。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket

企業|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる