企業|企業速報 証券市場新聞

トリケミカル研究所(4369)が前日比100円高の666円ストップ高買い気配のまま値つかずで推移している。
15日取引終了後に発表した今17年1月期の単独業績で、売上高57億1000万円(前期比15.2%増)、営業利益10億8000万円(同49.6%増)と大幅増収増益を見込んだことを受け買い気が強まった。東アジア地域を中心に半導体向け新規材料を拡販、生産能力を増強するとともに開発スピードを早めることで高成長を持続する。一段の業績拡大に伴い、年間配当(期末一括)を16円(前期10円)へ連続増配を予定。
併せて発表した中期計画では、最終年度の19年1月期に売上高67億円、営業利益18億2000万円を目標に掲げたことも好感されている。

証券市場新聞

Pocket