企業|企業速報 証券市場新聞

フィスコ(3807)が前日比80円高の472円買い気配のまま値つかずで推移している。16日引け後、ビットコイン取引所の運営を行う「フィスコ・コイン」を設立することを発表したことを受け買い気が強まった。
新会社は取引システムの外販も視野に入れ、将来は仮想通貨を活用した社債発行はどのB2Bサービス、クラウドファンディングなどB2Cサービスを含め、仮想通貨に関するあらゆるサービスをワンストップで提供することを目指す。
新会社へ資本参加するネクスグループ(6634)、SJI(2315)も買いを集め、大幅高となっており、ロックオン(3690)、ラクーン(3622)をはじめとしたフィンテック関連銘柄全般へ人気が波及している。

証券市場新聞

Pocket