企業|企業速報 証券市場新聞

東亜建設工業(1885)が続伸。17日取引終了後、16年3月期の業績をを修正、利益予想を上方修正し、配当を引き上げたことが好感されている。
連結業績について、営業利益を従来予想の100億円から127億円(前期比8.7%増)、純利益56億円から63億円(同9.0%増)へ。期首手持工事の進捗が順調で採算性が改善、減損処理を行ったうえで最終利益も計画を上回る。利益上ぶれに伴い、期末一括配当を3円から4円(前期実績は2円)へ引き上げた。

証券市場新聞

Pocket