企業|企業速報 証券市場新聞

セブン&アイ・ホールディングス(3382)が反落。全般軟調地合いのなか、日本経済新聞が18日付で「今年10月からの社会保険制度の変更が、流通や外食などの企業のコスト増要因になりそうだ」と報じたことが嫌気売りを誘った。
短時間労働者(パートタイマー)の厚生年金などの適用範囲拡大が企業の人件費負担につながるとしており「7&iHDは20億円規模のコスト増になる」と伝えている。

証券市場新聞

Pocket