ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

大成建設(1801)筆頭にスーパーゼネコンが売られる、東京地検の家宅捜索を嫌気

大成建設(1801)が急落するなど大手ゼネコンが軒並み売られた。リニア中央新幹線の建設工事を巡って大手ゼネコン4社が談合していたとされる事件で、東京地検特捜部と公正取引委員会が、18日の鹿島(1812)と清水建設(1803)に続いて、大成建設と大林組(1802)の家宅捜索を始めたと各メディアで報じられたことが嫌気された。スーパーゼネコン4社全てに捜査が及ぶことになったが、この日は大成建設の値下がり幅が大きい。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

 

 

Pocket