ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

大成建が大幅続落し連日の安値、トンネル受注断念を大林組に要求と伝わる

 大成建設(1801)が大幅に5日続落、連日で年初来安値を更新した。20日付の日本経済新聞が、リニア中央新幹線の建設工事をめぐる入札談合事件で、大成建設側が大林組(1802)側に「南アルプストンネル」の受注を断念するよう求めていたことが関係者への取材で分かったと報じたことで、談合を嫌気した売りが前日に続いて膨らんだ。同トンエルは実際に大成建と鹿島(1812)が受注した。東京地検特捜部と公正取引委員会は受注調整が行われた疑いがあるとみて入札の経緯を調べていると伝えている。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket