ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

サイオス(3744)がストップ安、減損損失計上で17年12月期予想を下方修正

 サイオス(3744)がストップ安ウリ気配。同社は22日の取引終了後、17年12月期の連結業績予想を売上高で126億円から124億5000万円(前期比3.1%増)へ、営業利益で5億円から3億円(同36.7%減)へ、最終損益で3億2000万円の黒字から7億円の赤字(前期2億5400万円の黒字)へ下方修正したことが嫌気された。連結子会社であるProfit Cube(PCI)の買収時に発生したのれん及び顧客関連資産並びにPCIが保有する固定資産について、PCIを取り巻く事業環境の変化により、業績が買収時の事業計画を下回って推移していることから、減損損失を計上する見込み。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket