ショップ|企業速報 証券市場新聞

オークワ(8217)が反落、既存店苦戦で第3四半期は48.3%営業減益

 オークワ(8217)が反落。同社は26日の取引終了後、18年2月期第3四半期累計(2月21日~11月20日)の連結決算を発表、営業収益は1984億3400万円(前年同期比0.2%減)、営業利益は7億3000万円(同48.3%減)、純利益は11億4000万円(同24.2%減)と大幅な減益だった。食料品・日用消耗品の価格の見直しを図り、客数・客単価の拡大に取り組んだものの、前年に比べ営業日数が1日少なかったこともあり既存店が苦戦している。
 通期は営業収益2700億円(前期比0.4%増)、営業利益29億円(同4.9%減)、純利益15億円(同1.6%増)と従来予想を据え置いた。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket