企業|企業速報 証券市場新聞

サッポロドラッグストアー(2786)が急反落、前日比219円安の2328円まで下げ幅を広げた。
24日取引終了後に発表した今17年2月期の連結業績は、売上高685億円(前期比9.1%増)、営業利益11億8000万円(同12.9%増)と増収2ケタ増益を予想した。ただ、株価は先行して上昇、前日は159円高と大幅だとなった反動もあって、当面の利益を確定する売りが優勢になった。また、前期は16.7%増収、48.2%営業増益を達成しており、会社計画よりも市場の期待値が大きかったようだ。
今期はインバウンド向け店舗を含む16店舗の新規出店や標準化に向けた20店舗の既存店改装を行う。

証券市場新聞

Pocket