素材|企業速報 証券市場新聞

日本板硝子(5202)は反落、米税制改革に伴う繰延税金資産取り崩しで最終利益を下方修正

 日本板硝子(5202)は反落。27日取引終了後、18年3月期の連結業績予想を修正、最終利益を80億円から10億円(前期比82.2%減)へ引き下げたことが嫌気された。米国税制改革法成立に伴い、繰延税金資産を約100億円取り崩し、法人所得税に計上することが要因。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket