電子部品|企業速報 証券市場新聞

立花エレが急伸で最高値、半導体デバイス大幅伸長で18年3月期予想を上方修正

 立花エレテック(8159)が急伸、最高値を更新した。同社は28日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を1650億円から1720億円(前期比7.4%増)へ、営業利益を52億円から59億円(同14.1%増)へ、純利益を37億円から42億5000万円(同9.2%増)へ上方修正、期末配当を16円から18円(前年同期15円)へ引き上げたことが材料視された。半導体デバイス事業が大幅伸長するとともに、半導体・液晶製造装置関連や自動車関連の設備投資需要を背景に、主力のFAシステム事業も依然好調が続いている。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket