企業|企業速報 証券市場新聞

シャープ(6753)が3日ぶり反発。日本経済新聞が28日付で「鴻海は出資額1000億円程度の減額で大筋合意、シャープ買収を正式決定する見通しとなった」と報じたことを受け買戻しが優勢になった。「鴻海の取締役会がシャープ買収を決めると同時に、シャープも取締役会を開いて買収条件の見直しを決定」と伝えている。
報道についてシャープはこの日立会い開始前に「当社の発表に基づくものではない」としながらも「可能な限り早期の最終契約締結を目指し、鋭意、協議を進めている」とのコメントを発表した。

証券市場新聞

Pocket