企業|企業速報 証券市場新聞

日本商業開発(3252)がしっかり。同社は28日大引け後に滋賀銀行(8366)との間で、同社の仕入物件の借入に関し、総額10億円の相対型コミットメントライン契約を締結したことを発表した。契約期間(極度期間)は契約締結日の3月25日から1年間で「JINUSHI ビジネス」を基にした不動産投資事業に係る物件の取得費用及びそれに付随する費用に活用する。機動的に優良案件の仕入に対応できる資金調達手段を得ることにより、更なる財務基盤の強化を図る方針。
証券市場新聞

Pocket