企業|企業速報 証券市場新聞

わらべや日洋(2918)が続急落、18年2期通期下方修正で一転減益見込む

 わらべや日洋ホールディングス(2918)が続急落。10日取引終了後、18年2期通期の連結業績を下方修正、一転減益を見込んだことで失望売りが膨らんだ。売上高を2196億円から2190億円(前期比2.2%増)、営業利益を41億5000万円から37億円(同9.7%減)へ。食材関連と食品製造設備関連事業の売り上げが想定を下回り、食品関連事業の原材料、労務費、水道・光熱費などの上昇が利益を圧迫する。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket