企業|企業速報 証券市場新聞

JPホールディングス(2749)、幼児活動研究会(2152)が続騰。28日、政府が待機児童解消に向け緊急対策を発表、待機児童が50人以上いる114市区町村を中心に国の基準より手厚く保育士などを配置する自治体の基準緩和やミニ保育所(小規模保育所)の定員の上限拡大を盛り込んだ。併せて認可保育所に入れなかった子どもが6万208人(昨年4月時点)に上ることも明らかにし、解消を急ぐ考えを示したことを受け、育児・保育関連の代表格である両銘柄が人気を集めた。

証券市場新聞

Pocket