企業|企業速報 証券市場新聞

竹内製作所(6432)が新値追い、3Q欧米販売拡大と円安効果で14%経常増益確保

竹内製作所(6432)が続騰、連日で昨年来高値を更新した。11日引け後に発表した18年2月期第3四半期累計(17年3~11月)の連結決算は、経常利益114億8700万円(前年同期比14.2%増)と2ケタ超の増益で着地したことが好感された。欧米でミニショベルやクローラーローダーなどの販売が拡大、原材料価格上昇が響き、営業利益は微減益ながら円安による収益押上げ効果が大きかった。通期計画の127億円(前期比8.3%増)に対する進捗率は90.4%に達し、収益上振れも意識された。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket