IT|企業速報 証券市場新聞

ベクトル(6058)が急騰で最高値、第3四半期42.9%営業増益が刺激

 ベクトル(6058)が急騰、最高値を更新した。同社は12日の取引終了後、18年2月期第3四半期累計(2017年3月~11月)の連結決算を発表、売上高は144億6400万円(前年同期比58.0%増)、営業利益は24億4300万円(同42.9%増)、純利益は14億4100万円(同68.3%増)と大幅な増益となったことが好感された。コンサルティングサービスを基本とする従来の戦略PRサービスにとどまらず、Webメディアを介した動画やアドテクノロジーなど最新の情報拡散手法を積極的に取り込み、顧客の「いいモノを世の中に広める」ために必要となる
実効性の高い幅広いサービスを、タイムリーかつ高いコスト効率によりワンストップで実現するコミュニケーションインフラとしての体制強化を進め、引き続き顧客の幅広い需要を取り込んでいる。
 通期は売上高195億円(前期比46.8%増)、営業利益30億円(同36.0%増)、純利益18億円(同42.2%増)と従来予想を据え置いている。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket