企業|企業速報 証券市場新聞

ヨシムラフード(2884)が急伸、M&A効果で第3四半期は大幅な増収増益

 ヨシムラ・フード・ホールディングス(2884)が急伸。同社は15日の取引終了後、18年2月期第3四半期累計(2017年3月~11月)の連結決算を発表、売上高は150億1800万円(前年同期比29.4%増)、営業利益は4億8600万円(同20.8%増)、純利益は4億2900万円(同63.2%増)と大幅な増収増益となったことが好感された。新商品の開発や販路の拡大等の取り組み推進、M&Aにより水産加工業をおこなっているヤマニ野口水産をグループ化したことも寄与している。
 通期は売上高196億8700万円(前期比21.2%増)、営業利益6億4800万円(同31.5%増)、純利益5億1600万円(同46.0%増)と従来予想を据え置いている。同時に1月31日を基準日に1対5の株式分割も発表している。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket