工業地帯|企業速報 証券市場新聞

東ソー(4042)が反発、3Q26%営業増益観測報道が買い手掛かり

 東ソー(4042)が反発。18日付の日本経済新聞が「2017年4~12月期の連結営業利益は、前年同期比26%増の900億円前後となったもようだ」と報じたことが買い手掛かりになった。4~12月期としては3年連続で過去最高を更新した。同社が強みを持ち、合成皮革や塗料などに使うウレタン原料の需給が世界的に引き締まっている。価格も上昇しており、採算が改善した。製紙などに使うカセイソーダも需要が旺盛だったとしており、4Q以降の一段の収益拡大が期待された。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket