素材|企業速報 証券市場新聞

東海カーボン(5301)が反落、国内大手証券が黒鉛電極の価格下落リスクを指摘

 東海カーボン(5301)が反落。国内大手証券が「黒鉛電極事業の改善は株価に織り込まれた」としてレーティングと目標株価を引き下げたことが響いたようだ。黒鉛電極は中国での需要拡大やリチウムイオン電池の負極材向けの伸びなどで需給は逼迫しているが、米国や中国での供給増などで今後、価格下落リスクが高まることを指摘。日本カーボン(5302)も売られた。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket