企業|企業速報 証券市場新聞

協和コンサル(9647)が急落、18年11月期は56.7%純利益減予想

 協和コンサルタンツ(9647)が急落。18日の取引終了後、18年11月期の連結業績予想を発表、売上高は60億円(前期比3.8%増)、営業利益は2億2000万円(同6.0%減)、純利益は8000万円(同56.7%減)と減益を見込んでいることが嫌気された。生産体制を強化すべく積極的な人的投資に取り組んでおり、再生可能エネルギー関連事業への投資を含めて利益を圧迫する。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket