企業|企業速報 証券市場新聞

タダノ(6395)が急反落、米国環境保護庁に要請不適格の可能性を自己申告

 タダノ(6395)が急反落。19日取引終了後、米国で販売した建設用クレーン車に搭載したエンジンが、米国環境保護庁(EPA)の要請の一部を満たしていない可能性があると自己申告したと発表したことで、北米販売への影響を警戒した売りが先行した。現在は最も厳しい規制に適合するエンジンを搭載しており、北米での販売に影響はないとしている。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket