ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

TKP(3479)が急反発、積極的な出店で18年2月期予想を上方修正

ティーケーピー(3479)が急反発。同社は24日の取引終了後、18年2月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を268億3900万円から283億8000万円(前期比29.1%増)へ、営業利益を32億7100万円から33億200万円(同22.6%増)へ、純利益を17億500万円から20億円(同47.9%増)へ上方修正した。高価格帯の会議室として、新築・築浅のランドマークなオフィスビルの高機能性とロケーションを活かした「TKPガーデンシティPREMIUM」、「TKPガーデンシティ」の積極的な出店により、会議・研修だけでなく、多目的な利用用途の取り込みを推進したこと、またメジャースを子会社化し、高付加価値なイベントプロデュース事業にも参入したことが奏功している。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket