リボミック(4591)が急騰で高値、心不全発症後の抗キマーゼ・アプタマーによる治療効果確認を好感

リボミック(4591)が急騰、昨年来高値を更新した。この日、心不全発症後の抗キマーゼ・アプタマーによる治療効果を確認したことを発表したことが材料視された。同社は、自社創薬品目のRBM003(抗キマーゼ・アフプタマー)に関して、大阪医科大学大学院医学研究科創薬医学教室・高井真司教授らと共同研究を実施。ハムスター実験で「後投与」のみで顕著な心機能改善効果を示すことが明らかになっている。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket