ブライトパス(4594)が続騰、東大、神奈川県立がんセンターとがん免疫療法を共同研究

 ブライトパス・バイオ(4594)が続騰。25日取引終了後、東京大学、神奈川県立がんセンターと完全個別化がんワクチン療法に用いるネオアンチゲン同定法の共同研究を開始すると発表したことが材料視された。同共同研究では正確な遺伝子変異解析に質量分析を組み合わせ、がんワクチンのネオアンチゲンの同定精度を大きく高める方針で、ネオアンチゲン同定法を次世代がん治療法となる完全個別化がん免疫療法の臨床応用へ繋げることを目指すといている。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket