企業|企業速報 証券市場新聞

イントラスト(7191)が大幅高で最高値、3Q42%営業増益で着地し1対2株式分割も

 イントラスト(7191)が大幅高で上場来高値を更新した。前週末取引終了後に発表した18年3月期第3四半期累計(4~12月)の単独決算は売上高21億6600万円(前年同期比10.1%増)、営業利益5億6000万円(同42.0%増)と大幅増益で着地、併せて2月28日を基準日として1対2株式分割を発表したことを好感した買いを集めた。3Qはソリューションサービスの保証関連業務受託が順調に推移したほか、保険デスクサービスと今期からサービスを開始した入居申込保証関連の業務受託サービスも貢献、貸倒引当金繰入額と保証履行引当金繰入額を含む費用発生が抑制されたことも収益を押し上げた。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket