神戸製鋼(5406)が急伸、18年3月期上方修正がポジティブサプライズ

 神戸製鋼所(5406)が急伸。1日取引終了後、18年3月期通期の績予想を上方修正したことがポジティブサプライズになった。連業業績について売上高を1兆8800億円から1兆8900億円(前期比11.4%増)経常損益を500億円の黒字から600億円の黒字(前期191億300万円の赤字)、未定としていた最終損益を450億円の黒字(前期230億4500万円の赤字)へ引き上げた。中国で油圧ショベルの販売台数が増加、不適切行為の影響を織り込み業績改善を見込んだ。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket