電子部品|企業速報 証券市場新聞

WSCOPE(6619)は大幅続落、スマホ向不振と先行投資負担で17年12月計画下振れ

 ダブル・スコープ(6619)は大幅続落。前週末取引終了後、集計中の17年12月期連結業績を下方修正したことが嫌気された。売上高を100億円から95億1700万円(前期比5.2%増)へ、営業利益を10億円から2億7400万円(同88.4%減)へ、最終損益を6億円の黒字から1億1900万円の赤字(前期19億4500万円の黒字)へ。中国EV用途市場での助成金の対象となる電池スペック変更に伴う需要減少と、スマートフォン向け不振で売上高が計画を下回り、製造環境改善費用や大量のサンプル出荷、大型ラインの生産立ち上げ費用など先行投資負担が収益を圧迫した模様。

by 株価チャート「ストチャ」

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket