企業|企業速報 証券市場新聞

三重交通グループホールディングス(3232)が反発、一時前週末比31円高の606円まで買われている。5月26日から開催される伊勢志摩サミットの開催が接近していることから、関連銘柄として引き続き物色されているようだ。同社は傘下でバスやタクシーを中心とする運輸事業で三重県で展開しており、サミット開催による観光客増の恩恵を享受しそうだ。
証券市場新聞

Pocket