素材|企業速報 証券市場新聞

安藤ハザマ(1719)が後場急落、第3四半期の減収減益を嫌気

 安藤ハザマ(1719)が後場急落。同社はこの日14時に、18年3月期第3四半期累計(2017年4月~12月)の連結決算を発表、売上高は2697億8600万円(前年同期比8.1%減)、営業利益は254億5000万円(同6.7%減)、純利益は170億8600万円(同10.7%減)と減収減益だったことを嫌気した。受注、完成工事ともに減少している。
 通期は売上高3840億円(前期比5.9%減)、営業利益346億円(同6.5%減)、純利益232億円(同11.7%減)と従来予想を据え置いている。

by 株価チャート「ストチャ」

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket