アトラエ(6194)が反騰、第1四半期50.4%営業増益、株式分割なども好感

 アトラエ(6194)が反騰。同社は13日の取引終了後、18年9月期の第1四半期(2017年10月~12月)単体決算を発表、売上高は4億9600万円(前年同期比31.2%増)、営業利益は1億5000万円(同50.4%増)、純利益は1億200万円(同49.2%増)と大幅な増収増益を達成したことが材料視された。求人企業と求職者のマッチング効率向上のためのコンテンツの拡充、ビッグデータ解析によるレコメンド精度の向上などに取り組んでいる。
 通期は売上高22億4900万円(前期比22.9%増)、営業利益6億6500万円(同18.9%増)、純利益4億5300万円(同14.7%増)と従来予想を据え置いている。
 同時にアドバンテッジリスクマネジメント(8769)との業務提携、3月末での1対3の株式分割も発表している。

by 株価チャート「ストチャ」

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket