シンニッタン(6319)がストップ高、18年3月期売上高を215億円へ上方修正

 シンニッタン(6319)がストップ高。同社は14日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を204億円から215億円(前期比24.8%増)へ、純利益を12億円から14億5000万円(同35.8%増)へ上方修正、営業利益は17億円(同8.6%増)で据え置いた。建設機械産業向け鍛造部品が増加傾向で、タイの子会社で円安・タイバーツ高の恩恵を受けることなどが要因。

by 株価チャート「ストチャ」

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket