ゲーム|企業速報 証券市場新聞

ミクシィ(2121)が急落、第3四半期35.3%純利益減を嫌気

 ミクシィ(2121)が急落。14日の取引終了後、18年3月期第3四半期累計(2017年4月~12月)の連結決算を発表、売上高は1354億3600万円(前年同期比5.3%減)、営業利益は478億5800万円(同15.3%減)、純利益は251億2600万円(同35.3%減)と大幅減益となったことが嫌気されたようだ。チケットフリマサービス「チケットキャンプ」で業務を完全に停止し、サービス提供を終了。これにより、のれん償却費を計上している。
 通期は売上高2000億円(前期比3.5%減)、営業利益700億円(同21.4%減)、純利益402億円(同32.9%減)と従来予想を据え置いている。

by 株価チャート「ストチャ」

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket