J・TECが後場上げ幅拡大、関西医科大から母斑組織の高圧処理を受託

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(7774)が後場上げ幅を広げた。この日午後、関西医科大学から先天性巨大色素性母斑を対象とした新たな臨床研究に用いる母斑組織の高圧処理を受託すると発表したことが買い手掛かりになった。臨床研究は高圧処理により不活化した母斑組織と自家培養表皮「ジェイス」を患者に移植して治療。母斑細胞が真皮の深い部分まで存在し標準的な治療法では完治できない治療を目指す。今後、高圧処理した母斑組織だけではなく、「ジェイス」も提供するとしている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

Pocket