素材|企業速報 証券市場新聞

防衛関連が賑わう、冬季五輪後の地政学リスクの高まりを先取る

豊和工業(6203)や石川製作所(6208)、細谷火工(4274)など防衛関連が買い進まれた。平昌冬季五輪が終盤になるなかで、五輪後に米韓が軍事演習を再開、その後、何らかの形で米国が北朝鮮に対して軍事行動にでるのでは?との思惑が防衛関連の買いの繋がっているようだ。全般が手掛かり材料難となるなかで、長らく物色の圏外になっていたことも個人投資家の買いを誘っている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

Pocket