IT|企業速報 証券市場新聞

土木管理(6171)がS高、道路・軌道の異常度診断ビッグデータ共有システムを公表

 土木管理総合試験所(6171)が後場に入って急伸、ストップ高まで買われた。この日後場立ち合い開始前にライフサイクルコストを最小化する道路・軌道の異常度診断ビッグデータ共有システム「ROAD‐S(ロードス)」の説明資料を公表したことが買い手掛かりになった。特殊アルゴリズムとAIを活用した解析技術により路面下の空洞や埋設管の敷設、橋りょう床板の異常などを高速解析。ビックデータ化した地中情報を共有することで、調査費や修繕工事費の最適化・最小化が図れるとしている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

Pocket