企業|企業速報 証券市場新聞

アルチザが急落、5G関連伸び悩み18年7月期一転赤字拡大で無配に

 アルチザネットワークス(6778)が急落。1日取引終了後、18年7月期の連結業績予想を大幅に下方修正、売上高を30億円から26億円(前期比30.6%増)、営業損益を1億2000万円の黒字から5億4500万円の赤字(前期1億5500万円の赤字)、最終損益を7800万円の黒字から6億6100万円の赤字(同1億8000万円の赤字)へ一転赤字拡大を見込んだことで、失望売りがかさんだ。5円としていた期末一括配当も無配とした。5G開発投資を行うユーザーの慎重な投資姿勢の影響を受け、LTE‐Advanced対応製品が伸び悩み、研究開発費負担が損益を圧迫する。

株式ニュース

Pocket