企業|企業速報 証券市場新聞

防衛関連が急落、南北首脳会談開催受け地政学リスクが後退

 石川製作所(6208)がストップ安に売られたほか、豊和工業(6203)、細谷火工(4274)など防衛関連とが急落。6日、韓国政府が南北首脳会談を4月末に開催することで北朝鮮側と合意したと発表しことを受け、朝鮮半島を巡る地政学リスク後退による短期資金逃避の動きが強まった。米国との非核化をめぐる協議や米朝関係正常化に向けた対話に応じる用意があるほか、対話が続いている間は核実験や弾道ミサイル発射を凍結する意思を表明したとことも伝わっている。

株式ニュース

Pocket