IT|企業速報 証券市場新聞

無人レジ関連がにぎわう、国内大手ドラッグストア全店舗に導入と伝わる

 ヴィンクス(3784)がストップ高カイ気配となっているほか、サインポスト(3996)やカーディナル(7855)も値を飛ばすなど無人レジ関連銘柄がにぎわった。9日付の日本経済新聞が「国内大手ドラッグストアが2025年までにすべての店舗で無人レジを導入する」と報じたことを受け、ビジネスチャンス拡大と収益寄与を期待した買いを集めた。医薬品や化粧品などにICタグを貼り付け、カゴに入れたままでも一括で読み取れるようにする。買い物がこれまで以上に手軽になることに加え、すでに導入を決めたコンビニエンスストアに続き、人手不足を背景に効率化への動きが業界全体に広がるとしている。

株式ニュース

Pocket