企業|企業速報 証券市場新聞

ヤクルト(2267)が大商いで反発、ダノンの売出株受渡期日で押し目買い膨らむ

ヤクルト(2267)が反発。大株主ダノンによる売出株の受渡期日で、大商いとなっており、売買代金は任天堂に次ぐ2位となった。ダノンは1835万800株の売り出しとオーバーアロットメントによる上限155万8000株の売り出しを実施するが、これで需給の最悪期を通過することから押し目買いが膨らんだ。ダノンの保有比率が大幅に低下することから、経営の自由度が高まるとポジティブにとらえられた。

 

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

Pocket