素材|企業速報 証券市場新聞

黒崎播磨(5352)が急反発、中期経営計画で意欲的な目標

 黒崎播磨(5352)が急反発。14日取引終了後に発表した「2020年中期経営計画」で連結売上高1380億円(18年3月期予想1250億円)、経常利益120億円(同85億円)と意欲的な目標を掲げたことが好感された。国内では主要顧客向けシェアを拡大するとともに大型建設用案件を着実に受注、海外ではインドなどの成長市場で拡販を進める一方、成熟市場の欧米ではシェアを拡大する方針で、品質・コスト競争力も強めていく。連結配当性向を25%程度から30%に引き上げ、19年3月期から適用するなど株主還元も充実する。

株式ニュース

Pocket