東証3|企業速報 証券市場新聞

富士通コン(6719)がウリ気配、コストアップで18年3月期予想を下方修正

 富士通コンポーネント(6719)がウリ気配。同社は15日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を497億円から492億円(前期比1.1%増)へ、営業利益を10億円から6億2000万円(同37.9%減)へ、最終利益を8億円から1億6000万円(同65.9%減)へ下方修正した。アジア通貨高による海外工場での製品調達コストの増加、貴金属や銅などの素材費の高騰等のコストアップが影響している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

Pocket